葛の花のサプリランキング

くずもちや葛根湯など、古くから食用や生薬として用いられる葛は、その花にもよい作用があることが分かっています。葛の花にはイソフラボンが含まれています。
イソフラボンは、女性ホルモンの一種エストロゲンと同じ働きをします。更年期障害や骨粗鬆症の予防&改善に効果があります。
また、最近の研究により、脂肪代謝が活発になり脂肪が溜まりにくい体になることが報告されています。
葛の花は、お腹まわりが気になる、BMIが高めの方におすすめしたい成分です。

 

 

 

シボヘールの特徴

葛の花由来のイソフラボンを配合した機能性表示食品です。お腹周りの内臓脂肪や皮下脂肪が気になるBMIが高めの方におすすめ。年齢とともに減ってしまう、脂肪を分解するチカラ、燃焼するチカラ、余ったエネルギーを中性脂肪へと合成するのを抑える働きをサポート。3つのサポートで脂肪を減らすのを助けてくれます。1日めやす4粒は飲みやすいタブレットタイプ。定期便なら初回980円(税込)。服を着たときのウエストの締め具合が違います、楽に続けられますとの声アリ。

価格 980円
評価 評価5
備考 葛の花由来のイソフラボン
 

 

 

スリムフォーの特徴

葛の花イソフラボンを配合したサプリです。葛の花から抽出したエキスには、イソフラボンが含まれています。葛の花由来イソフラボンは、肥満気味な人のお腹の脂肪を減らし、ウエストサイズを減らすサポートをしてくれます。飲みやすい小粒のサプリは、1日めやす4粒。機能性表示食品です。お得な定期コースなら、初回は特別価格980円(税別)。飲みやすいです、お腹まわりが減ってきたとの声あり。

価格 980円
評価 評価4.5
備考 イソフラボン
 

 

 

シェイプライフ青汁の特徴

葛の花由来のイソフラボンが入った青汁タイプの機能性表示食品です。BMIが高めの方の、体重やお腹の脂肪を減らすお手伝いをしてくれます。1日めやす1包は、水やお湯・豆乳などで溶くだけなので手軽。粒タイプのサプリは苦手という方にもおすすめです。便秘解消によい難消化性デキストリン配合なのも嬉しいところ。便利な毎月お届けコースは、初回半額1,836円(税込)。抹茶のようで飲みやすい、お通じがよくなりましたの声アリ。

価格 1,836円
評価 評価3
備考 イソフラボン・デキストリン
 

葛の花の効果は?

 

葛きりなどで知られる葛。この葛ですが、マメ科では最大のつる性多年草になります。原産地はアジアの温帯地域です。この葛の葉は、3枚の小葉からなる複葉であり、サイズは10〜15cmくらいです。紫紅色の花を咲かせ、芳香もあります。7〜9月頃にかけて房状になって花を咲かせます。葛の果実というのは、緑色をしており、豆さや状に生っていきます。葛の花といえば、日本では秋の七草として知られていますよね。葛が持つ生命力というのはとても強く、どんなに荒れた地であっても繁殖していくことが可能です。葛というのは、日本を始めとして、中国や台湾、韓国等、東アジア各国からアメリカ大陸など、とても広い範囲に分布しているのです。

 

葛に含まれている主な有効成分は、ダイゼイン、プエラリン、プエラリン・キシロシド、ダイジン、ゲニステイン、ホルモネチン等などです。フラボノイド類は、ホルモンのサポートをしてくれます。ほかにも、血管拡張や神経系の安定などによく働いてくれます。サポニン類は、肝臓機能の高上、血圧安定、動脈柔軟化、脂質代謝改善等の効果を発揮してくれます。β-シトステロールは、免疫力を高上させてくれたり、コレステロールを調整してくれたり、炎症を改善していったりします。アラントインは、皮膚組織を強化してくれます。ピニトールは肝臓機能の高めてくれて、糖代謝も高めてくれます。

 

葛は、とにかく広範囲にわたり、優れた効果を発揮してくれるものです。血液中にある老廃物が排泄できるよう促してくれて、血液細胞のクォリティを高めてくれます。血行も促進してくれて、そのおかげで全身にあるそれぞれの器官の機能も高まっていきます。

 

葛の花は美容に良い

 

葛という植物は、日のよく当たる山や野原といった場所に生育しています。植物の種類としては、マメ科に属しています。日本国内においても生育されていることは既に確認されているようです。

 

多くの方々が、この葛を使って作られたものを使用しているのですが、お気づきでしょうか?例えば、風邪をひいた時にみなさんはドラッグストアで葛根湯を飲んだりしませんか?この葛根湯というのも、この葛が原料となっているのです。このように、昔から薬用として用いられる事が多かったようですね。そして、最近になってから食材としての使い道もみいだされるようになりました。

 

この葛ですが、根の部分には栄養素がたっぷりと含まれているという認識がありましたが、最近になってどうやら花の部分にも栄養素がたくさん含まれているという事がわかったのです。研究を続けてきた結果でしょう。それにより、今では葛の花としておおいに注目を集めるようになったのです。

 

この葛の花ですが、実はイソフラボンが含まれているようなのです。そのため、美容効果というものもおおいに期待出来ます。女性にとっては嬉しいことですよね。イソフラボンというのは女性ホルモンのエストロゲンと同様の作用があります。コラーゲンの生成を促し、お肌の調子をよくしてくれます。そういった働きのおかげで肌老化を未然に防ぐ事が出来るのです。実際の年齢よりもずっと若々しく綺麗な肌を保ち続ける事も可能となります。葛の花を食材として取り入れてあげて、美肌を手に入れていきましょう。

 

葛の花はどうやって食事に取り入れていったらいいのでしょうか。実は、葛というのはデザートなどの食材として使用されている事が多いようです。葛饅頭や葛切りなどはみなさんもよく知っていますよね。とてもサッパリした味ですから、とても食べやすいものです。

 

葛の花は更年期対策に良い?

 

みなさんは、子供の頃、葛湯や葛切り、葛餅など食べたことはありますか?これらの原料となっているのは「葛粉(くずこ)」ですとってもヘルシーなので、ダイエットなどにも利用されています。葛粉の原料となっているのが植物の「葛」の花。この葛の花に、実はアンチエイジング効果があるらしいのです。

 

葛粉というのは、マメ科の植物に属しています。葛の根の部分に含まれているでんぷんから作られたものです。和菓子の他に「葛根湯」というのも有名ですよね。そうです、あの風邪薬でお馴染みのものです。葛粉には様々な効能があるということはもはや有名な話です。

 

そして、葛の花の部分にも脂肪の蓄積を抑制したり、体脂肪や内臓脂肪などを付きにくくしたりするダイエット効果があるようなのです。葛の花が持つ成分の中に「イソフラボン」があります。大豆製品に含まれている「大豆イソフラボン」は有名でしょう。葛の花イソフラボンも同様であり、女性ホルモンと似たような働きを持っているのです。これらを活用することで、更年期症状をやわらげてくれるでしょう。

 

葛の花が持つイソフラボンの中には、骨の代謝というものをよくしてくれて、骨密度をアップしていくという効果もあるため、骨粗しょう症の予防にもなるようです。中国や日本においては、ずっと昔から二日酔いの予防のために使われていたようです。葛の花のイソフラボンとサポニンには、二日酔いの原因となる「アセトアルデヒド」の代謝や排泄をサポートする作用があるようです。

 

葛の花はアンチエイジングに良い?

 

みなさんは葛を使った料理を食べたことがありますか?葛もちや葛きりなど、和菓子がとても有名ですよね。また、伝統的な日本料理などにも葛は使われることがあります。そんな葛ですが、植物としてはマメ科に属しています。日のよく当たる山野などに生育していることが多い植物です。日本では昔から、秋の七草として幅広く知られています。

 

また、風邪をひいた時に、みなさんはドラッグストアなどで葛根湯を買って飲んだりしますよね。この葛根湯も「葛」が主原料となっているものです。葛の根の部分を乾燥させて作っています。これまでの間、ずっと「根」の部分が用いられてきましたが、最近になって花の部分というのもいろいろな効能があるということが分かってきたようです。花を乾燥させたものが何と呼ばれているかというと、「葛花」という呼ばれ方をされています。これは、二日酔いを予防するのによく効くらしいですね。大豆イソフラボンやサポニンといった成分も含まれていますので、アンチエイジングのためにも活用できるようです。

 

大豆イソフラボンといえば、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをしてくれるので、女性ホルモンを整える作用があります。
また、サポニンは血管についてしまったコレステロールを除去してくれる作用もあります。血中脂質を減らしてくれるので、ダイエットへの効果や動脈硬化等の病気も未然に防ぐことができるのです。そ

 

んな効果が期待できる葛の花、いったいどのようにして摂取すればよいのでしょうか。実は、葛の花はジュースにして飲むとよいとされています。葛の花を摘んだなら、すぐに水で洗ってあげます。その時に虫がついてしまっていることが非常に多いので、できれば洗う前に一時間ほど陰干ししてあげるのがいいでしょう。そして 良く洗ったならば、花を瓶に入れ、水と砂糖を1:1の配分で入れます。翌日から発酵されてるはずなので、一週間もあれば飲めるはずです。

 

葛の花サプリ以外に青汁もある

 

健康のために青汁を毎日欠かさず飲んでいるという方は多いことでしょう。
職場の健康診断で指摘され、慌てて青汁を購入した、そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな青汁ですが、いまやいろんなタイプのものが販売されています。
乳酸菌入りのものは飲みやすくていいですよね。
そんな中、葛の花由来のイソフラボン(テクトリゲニン類として)が入った青汁も販売されています。
みなさんはご存知でしょうか。
葛の花というのは、あの葛もちや葛きりなどに使われている葛のことです。
葛といえば、たいていは根の部分が活用されてきましたが、こちらは花の部分を活用したものとなります。
葛の花には葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)というものが含まれており、これには肥満気味な人の体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)、そしてウエスト周囲径を減らすのをサポートする機能があるようなのです。
近頃太ってきたなどと帰任されている方やお腹まわりだけについた脂肪が気になってしまう方にとってはまさに最適といえる食品です。
ただし、あくまでサプリメントですから、たくさん摂取したからといって病気が治癒したり、より健康が増進したりするようなものではないのです。
その点は頭にしっかり叩き込んでおきましょう。
また、妊娠中の方だとか妊娠の可能性のあるかもしれないという方については、一度病院で医師に相談してくださいね。
葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)は、きちんと効果があるということが複数の臨床試験(人を対象とした試験)を行なったことにより報告されています。
そして、それらの結果を統計的に統合した結果によって効果が認められているものなのです。